広島メンズエステ・脱毛「パルファム.」ブログ

広島でいち早くメンズエステをスタートして2016年で9年目。
お顔のお手入れから、人気の脱毛、ヘッドスパ。リラクゼーションも美容も、パルファム.にお任せを

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 11/25 サンフレッチェ優勝のお陰で♪ | TOP | 11/27 価値あるものにお金は使いたい >>

2012.11.26 Monday

11/26 こんな危険なもの使ってない??

0
    乾燥の季節到来

    季節の変わり目ともなると、お肌のトラブルに見舞われる方も多いけど

    乾燥は肌トラブルの第1歩。

    乾燥肌なのよね〜。

    なんてのんきに言っている場合ではない。

    乾燥が、「シミ」「たるみ」「しわ」「老化」

    全ての原因の根源なのである。

    しっかり保湿(クリームだけじゃないのよ、水分、油分ともに補給を)したげてね。


    さてさて、そんな乾燥肌も度を超えると、しわシミどころか肌トラブルにつながっていく。

    トラブルとはなんぞや??

    吹き出物や、かぶれなど。よく分からないけどかゆみがあったり、ひりひりしたり、
    赤いブツブツが出たり、皮がむけたり・・・

    皮膚科に行っても、特に病名も言われず、薬を処方される。

    というのはよくある話。

    さて、そのよく分からない病気に対して処方されたその「お薬」いったいなんなんでしょ??

    お医者さんって、本当に説明してくれない人が多い。
    とりあえず言う事聞いて塗っとけ的なね。

    効かなければ違う薬出すから。

    といった調子。

    その薬は危険なのか、後遺症が出る可能性はあるのか?ほとんど説明はしてもらえません。

    さぁ、知らずに今塗り塗りしている薬がある方は、こちらを参考にして。

    あまり使いたくない薬シリーズ

    ☆弱☆
    プレドニゾロン、コルテス
    ☆普通☆
    リドメックス、レダコート、ケナコルトA、ロコルテン、アルメタ、キンダベート、ロコイド、デカダーム
    ☆強い☆
    エクラー、メサデルム、ボアラ、ザルックス、アドコルチン、ベトネベート、リンデロンV、プロパデルム、フルコート
    (これにはステロイドと書いてあるけど、書いてないものも多い)

    ☆とても強い☆
    フルメタ、アンテベート、トムシム、リンデロンDP、マイザー、ブデソン、アムシノニド、ビスダーム、テクスメテン、ネリゾナ、パンデル
    ☆最も強い☆
    デルモベート、ジフラール、ダイアコート


    あ〜カタカナばっか・・・。実はこれらは全て「ステロイド」です。

    アトピーや、原因不明の皮膚炎の方は使用されたことのある方も多いかもしれません。

    ステロイドと知らずに処方され、使用している人もとっても多いのです。

    これは魔法の薬。使うとスッと炎症が治まったり肌が落ち着くのです。

    ですが、結局根本的な治療をしていないので、再発する。

    再発した時は前よりも悪化するというのがお決まりです。

    例えば、かぶれるような植物を触ってかぶれが発症した場合、それをこれらの薬で治す。
    のは、いいでしょう。

    でも、アレルギーや、何らかの体の不調が原因で出てきたトラブルに関して、この「ステロイド」は不適切なのです。
    アレルギーの出る根本的な治療をしていないので。

    ご自身の使用している薬にあてはまるものがあれば、出来るだけ早く使用は中止し、根本的な原因を調べ治療に専念されることをお勧めします

    ぜひご参考にされてみて下さい。




    ↓↓↓ブログランキングに参加中!あなたの温かい「クリック」をお願いします〜


    人気ブログランキングへ 

    広島ブログ

    パルファム


    コメント

    ドラッグストアのモノです。
    薬を如何にも腫れものような書き方をなさってるみたいでどうかと思います。
    ステロイドも使い方次第で特効薬にもなりえます。いかにもステロイドが怖いという書き方はどうかと思いますが。
    2012/11/26 11:00 PM by アキ
    使い方次第ですよね。タイトルがいけないかもしれませんが、
    かぶれなどに使えばいいと記載しているように、用途次第です。
    ドラッグストアで手軽に手に入るだけにまるっきり安心し
    「知らない」というのが一番怖い。
    使っちゃいけないものはドラッグストアでは販売していないのですし、
    「知る」という事が大事だと思いますよ(^-^)
    2012/11/28 11:47 AM by 店長

    コメントする









    この記事のトラックバックURL

    http://blog-parfume.jugem.jp/trackback/1588362

    トラックバック

    ▲top